Survivart(サバイバート) Survivart(サバイバート) Japanese english
MeNu… Home About Us Project Next Event Archives Blog Link Contact Us
bg
Blog Top Page: survivart.exblog.jp
TAP主催のM1ツアー
昨日は、午後1時過ぎから、TAP主催のM1ツアーがあり、サバイバル・ジャンクション始まって以来のたくさんの人たちにご来場いただきました。まずはSurvivartスタッフの小林が、サバイバル・ジャンクションについて説明。
c0102818_15105889.jpg

その後、参加者のみなさんは映像を見たり、黒板に言葉や絵を残したり、展望台でくつろいでおられたり、自由に観覧してました。
c0102818_1512991.jpg

天気が良かったこともあり、その様子を眺めているだけで、スタッフも今までの苦労が吹き飛ぶような時間でした。
c0102818_15125690.jpg

昨日からは、来場者の方にも積極的に参加してもらおうと、チョークを渡しています。これがまた子供に大人気!で、未来の巨匠がすさまじい勢いでチョークを走らせてました。
c0102818_1513972.jpg

結果、こんな具合で、黒板はどんどん埋まっていきました。
c0102818_15155656.jpg

その中から、ちょっと気になる書き込みをご紹介。
c0102818_15164424.jpg

「アートはぐいぐいのむもの」なかなか深みのある言葉です。
c0102818_15173412.jpg

今日は、本当にたくさんの方とお話をすることができました。大阪からTAPを見に来られた方、これまでSurvivartのイベントにボランティアとして関わってくれたことのある方、スタッフがブログを通じて知り合った方、アートプロジェクトについて研究しているドイツからの留学生の方、M1プロジェクトに参加している他のゲストプランナーの方、そして地元のみなさん。本当にありがとうございました!

昨日の夕日も、本当にキレイでした。丁度太陽が沈む位置に富士山のシルエットがあり、とても穏やかな気持ちになれます。
c0102818_15184825.jpg

昨日は月も大きかった!もしかすると、明日あたりが満月かもしれません。お月見がてら、最終日のサバイバル・ジャンクションへ!たくさんのご来場、お待ちしております。
c0102818_1519354.jpg

[PR]
# by survivart | 2007-11-24 15:26 | レポート
いよいよTAP2007も今度の週末で終了です!
TAP用の企画を考え始めて数ヶ月、いよいよ今度の週末で、TAP2007の会期が終了します。まだご来場いただいていないみなさん!ぜひとも遊びに来て下さい。
サバイバル・ジャンクションで行われるイベントも、これが最後です!

≪サバイバル・ジャンクション プレゼンテーション≫
日時:11月23日(金・祝) 午後2時〜
場所:サバイバル・ジャンクションにて
スピーカー:Survivartスタッフ


内容…Survivartが、TAP2007「メタユニット_M1プロジェクト」に提案した、「サバイバル・ジャンクション」とは一体なんだったのか。Survivartスタッフが改めてプレゼンテーションを行います。
まずは、企画の全体概説からはじまり、3基のM1で上映中のインタビューを見ながら
1つずつ解説。そこで話されている問題点の洗いだしから、議論ポイントの整理をしつつ、黒板への書き込みをしていきます。天気が良ければ、キレイな夕日が見られるハズなので、最後はみんなで屋上展望台へ。ビールも用意してお待ちしております。

キーワード…「未来は書き替え可能。」
c0102818_20261236.jpg


にほんブログ村 美術ブログへ
[PR]
# by survivart | 2007-11-19 20:26 | お知らせ
取手アート談義&BBQ!
昨日のサバイバル・ジャンクションは、非常に密度の濃い場所でした。午後3時過ぎから始まった「取手アート談義」は、TAP2007主催イベントとはまた別次元で、取手アートプロジェクトを俯瞰しつつ、アートの話しができたのではないかなぁと思います。
c0102818_1414679.jpg

いかんせん集まった参加者が、ある意味全員ゲストでもOKと思えるほど、アクティブな方達に集まっていただけたせいもあるかもしれませんし、たき火を眺めつつBBQをしつつ、というその稀な空間のなせるワザだったのかもしれません。
c0102818_14143284.jpg

と書いている私(長内)は、BBQを焼くのに必至で、あまり内容を聞いていませんが(笑)、当初の予想を上まわって、非常に真剣な対話空間になっていたようです。そして今回ついにサバイバル・ジャンクションの巨大黒板に、板書しました。この黒板、作るかどうかで結構スタッフ内で揉めたのですが、作って良かった!
c0102818_1417095.jpg

トーク終了後は、BBQと地酒でなごみの空間になっていたのですが、突然車で乗り付けた地元の方が、握りたてのおいしいおにぎりを差し入れしてくれました!みんな子供のようにほおばっていたのは言うまでもありません。笑
c0102818_14192352.jpg

トークの内容については、岩井氏のブログアップをお待ち下さい。

にほんブログ村 美術ブログへ
[PR]
# by survivart | 2007-11-18 14:20 | レポート
11/17(土)トークイベント開催!!
取手アートプロジェクト2007「メタユニット_M1プロジェクト」参加企画
Survival Junction(サバイバル・ジャンクション)関連イベント!


●取手アート談義
日時:11月17日(土)15時〜17時 予約不要、参加費無料
場所:サバイバル・ジャンクションにて
ゲスト:伊藤達矢(TAP2007事務局)
    遠藤水城(アーカス・プロジェクト/ディレクター)
    傍嶋 賢(第0研究室)


取手アートプロジェクトが始まったのは1999年。今年で9回目を迎えます。取手には東京藝術大学取手校舎もあることから、卒業後も取手市内にアトリエを開くアーティストも多いようです。街にアートまたはアーティストが増えたことで、取手市はどう変わったのか、同じ茨城県内のアーティスト・イン・レジデンス「アーカス・プロジェクト」から遠藤水城氏も招き、当事者のみなさんと共に話し合います。

※トーク終了後には、BBQを行う予定です。
おそらくドリンクは販売となります。食材持ち込み大歓迎!!!
※じっと座っていると、だいぶ寒い季節となりました。ぜひ厚着でお越し下さい。特の女性のみなさん、なるべくスカートは避けた方がよいかと思います。

<アクセス>
サバイバル・ジャンクションへは、TAP2007無料シャトルバスでのご来場が便利です。シャトルバスは取手駅西口から徒歩1分のTAP2007拠点「はらっぱ」から1時間に1本運行中。拠点ではMAPなども入手可能です。詳しくはこちらのブログをご覧下さい。

にほんブログ村 美術ブログへ
[PR]
# by survivart | 2007-11-17 13:47 | お知らせ
取手競輪場ツアー
先日、サバイバル・ジャンクションの企画で取手競輪場ツアーを行いました。TAPが始まった翌日で朝から雨ということもあり、参加者はスタッフの方が多い結果となってしまいましたが、とにかく興味深い体験でした!
c0102818_136021.jpg

まずは、競輪場スタッフの方より、施設の案内をしていただき、その後競輪場が見渡せる部屋で、インタビュー映像にもご登場いただいた、競輪アドバイザーの北村和久さんによる競輪のイロハ・ガイダンス。
全てのカギは、競輪新聞にありそうです。この新聞、小さな字で細かく様々な情報が載っていることがわかりました!主に競輪場で発売されているのは、赤競、青競の二種類。定価500円と普通の新聞よりは割高ですが、コレがないと始まらないのです。
c0102818_1375310.jpg

そしていよいよ、参加者は車券(競馬でいう馬券ですね)を購入し、レースが始まるのを待ちます。この日は本所開催といって、取手競輪場でレースがある日。他にも地方で行われている競輪の車券を購入することももちろん可能ですが、本所の日はやはりお客さんの入りも多いようです。
c0102818_131124.jpg

いよいよレースがスタート。ラスト一周は、客席から怒号が飛ぶこともしばしばで、私たちもみんな興奮気味。
c0102818_13135219.jpg

結果的には、岩井が2レースとも当て、長内も1レース当て、元手を取り返しました。他の参加者は惨敗...。競輪の場合は人間の能力勝負、というところが他の賭け事とは異なるのですが、まさに人間味溢れるレース、そして場を見ることができた気がします。

ツアー終了後、当たった人と当たらなかった人で、テンションは大違いでしたが、みんな賭け事初体験だったせいもあり、それぞれが色々なことを感じることができたようです。

岩井氏のブログにも詳細レポがアップされています。あわせてぜひ!
競輪ツアー

競輪は全国的に来場者の高齢化、収益の減少が著しい産業のようです。では何をすれば生き残ることができるのか。その試行錯誤は、アートと出会い違う形で広がる可能性も大いにあると思いますし、競馬のように広告のイメージ戦略で立て直しを図ることも可能かもしれません。もしくは、団塊の世代やシニアをメインターゲットにして、お年寄りに親切なサイン表示やファシリティーを充実させていく、という戦略もあるのかもしれません。

取手競輪場の場合、アートとの関わりも多く、施設内には東京藝大の教授陣によるアートワークが設置されていたり、先月も「自転車とアート」というフェスティバルも開催されて、たくさんの人で賑わっていました。しかし、現状ではアートと競輪ファンというのは別々の世界におり、交差するところまではいっていないのかな、という印象を持ちました。

TAP2007に参加することになり、競輪という未知の世界に触れた私たちも、まだまだその深層部分までは触れていないでしょう。それでも、今回見聞きし考えたことが、また何かのきっかけになるかもしれません。それが更に、どこかの誰かに少しずつ伝わって、また新たな動きに繋がっていくことになったら...そんな想像も膨らむ一日でした。

今回は突然の申し出にも関わらず、親切に対応してくださった取手競輪スタッフのみなさん、北村さん、本当にお世話になりました!

にほんブログ村 美術ブログへ
[PR]
# by survivart | 2007-11-11 12:58 | レポート
TAP2007拠点「はらっぱcafe」へ
はじめての週末は、天気予報通りの雨模様。この日はサバイバル・ジャンクション関連イベントとして「取手競輪場ツアー」を予定していましたが、やはりお客さんの出足は相当悪い模様。
集合場所のTAP2007拠点「はらっぱcafe」で、おいしいスープをごちそうになりながら参加希望者を募ってはみるものの、ほとんどスタッフ?という状況で行けそうな人はおらず...でも、cafe内で芸大音環の学生さんたちがアコースティックギターとアコーディオンで奏でる生演奏のおかげで、気持ちはほっこり。

p.s.競輪ツアーの模様は、後ほど改めてアップします!
c0102818_13342155.jpg

c0102818_13343863.jpg


にほんブログ村 美術ブログへ
[PR]
# by survivart | 2007-11-10 23:26 | レポート
TAP2007、はじめての夜
11/9(金)いよいよ取手アートプロジェクトが始まりました。この日は、午後からTAP関係者のみなさんがツアーで回ってくる、とのことで、代表の岩井が対応。なにやら解説後に拍手が起こったとか!その後、NHKの取材班も訪れ、その日のうちに全国放送されたそうです。↓その時の写真は岩井氏のブログよりどうぞ
TAP2007オープン!!

夕方、私(長内)が会場に着いた頃には、辺りは真っ暗。街灯がないので、サバイバル・ジャンクションは照明に照らされなんだか不思議な雰囲気になっておりました。暗くなってからも、お散歩途中の地元のみなさんが何人も訪れてくれ、みなさん興味津々のご様子。11/25まで、ここでどんなことが起こるのか、楽しみです。

c0102818_12284026.jpg

3基のM1の中では、産業・芸術・福祉をテーマにしたインタビュー映像を上映中です。
c0102818_12285948.jpg

右奥に見える白いものは、同じM1プロジェクトに参加している佐藤時啓研究室の作品で、アスレチック遊具のようになっています。
c0102818_12311737.jpg

プチ情報としては、サバイバル・ジャンクションの屋上テラスに登ると、以下のような写真が撮れます。普段より男前度若干アップ!?
c0102818_12353394.jpg


にほんブログ村 美術ブログへ
[PR]
# by survivart | 2007-11-09 23:14 | レポート



新年明けましておめでとうございます。2009年もどうぞよろしく!
by survivart
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Copyright © Survivart. All rights reserved.